column

梅雨明けたら夏、すぐ洗車の時期が来る

梅雨?夏?洗車の基本をおさらいしよう!

今年はなかなか梅雨の気配がしないものでしたが、ニュースなどでもそろそろ梅雨入りが近づいていると聞こえ始めました。当たり前の話ですが、梅雨が明ければすぐに夏がやってきます。そして、洗車にとっては辛い時期が到来します。そこで、今一度、洗車の基本を振り返ってみましょう。

梅雨?夏?洗車の基本をおさらいしよう!

今年はなかなか梅雨の気配がしないものでしたが、ニュースなどでもそろそろ梅雨入りが近づいていると聞こえ始めました。当たり前の話ですが、梅雨が明ければすぐに夏がやってきます。そして、洗車にとっては辛い時期が到来します。そこで、今一度、洗車の基本を振り返ってみましょう。

クリアライトでヘッドライトの黄ばみ除去

バイクのヘッドライトカバーを明るくする方法

バイクのヘッドライトカバーが曇って暗くなっていませんか?その原因は、太陽の紫外線による樹脂の劣化です。アクリル系のカバーは、数年で劣化が始まり、すりガラスのような曇りが出てきます。この「曇り」「濁り」「くすみ」「黄ばみ」などの問題は、紫外線劣化によるものです。そこで、今回はその解決策についてご紹介します。

バイクのヘッドライトカバーを明るくする方法

バイクのヘッドライトカバーが曇って暗くなっていませんか?その原因は、太陽の紫外線による樹脂の劣化です。アクリル系のカバーは、数年で劣化が始まり、すりガラスのような曇りが出てきます。この「曇り」「濁り」「くすみ」「黄ばみ」などの問題は、紫外線劣化によるものです。そこで、今回はその解決策についてご紹介します。

樹脂パーツメンテナンス

春から夏に向けての樹脂パーツメンテナンス

春の日差しが強まり、これから梅雨が明けるとすぐに夏がやってきます。この時期、特に気を付けたいのが紫外線による車やバイクの樹脂パーツの劣化です。夏の日差しは強力で、樹脂パーツがどんどんと紫外線により劣化してしまいます。

春から夏に向けての樹脂パーツメンテナンス

春の日差しが強まり、これから梅雨が明けるとすぐに夏がやってきます。この時期、特に気を付けたいのが紫外線による車やバイクの樹脂パーツの劣化です。夏の日差しは強力で、樹脂パーツがどんどんと紫外線により劣化してしまいます。

ポリカーボネート樹脂のメリットとヘッドライトの黄ばみ対策

ポリカーボネート樹脂のメリットとヘッドライトの黄ばみ対策

ポリカーボネート樹脂は多くのメリットを持っています。例えば、その耐衝撃性は同じ厚さのガラスの約200倍とされており、ガラスに比べて割れにくく、安全です。かつてヘッドライトユニットのカバーはガラス製で、反射板などは金属製でしたが、現在ではユニット全体がポリカーボネート樹脂製となり、その結果、重量は約4分の1に減少しました。

ポリカーボネート樹脂のメリットとヘッドライトの黄ばみ対策

ポリカーボネート樹脂は多くのメリットを持っています。例えば、その耐衝撃性は同じ厚さのガラスの約200倍とされており、ガラスに比べて割れにくく、安全です。かつてヘッドライトユニットのカバーはガラス製で、反射板などは金属製でしたが、現在ではユニット全体がポリカーボネート樹脂製となり、その結果、重量は約4分の1に減少しました。

ヘッドライトの黄ばみを解消して安全運転を確保しよう

ヘッドライトの黄ばみを解消して安全運転を確保しよう

ヘッドライトの黄ばみやくすみは、車の見た目を損なうだけでなく、夜間の視界を妨げる原因となります。この記事では、黄ばみの原因や解決方法について詳しく解説します。

ヘッドライトの黄ばみを解消して安全運転を確保しよう

ヘッドライトの黄ばみやくすみは、車の見た目を損なうだけでなく、夜間の視界を妨げる原因となります。この記事では、黄ばみの原因や解決方法について詳しく解説します。

ウロコや水垢汚れでお悩みの方に試していただきたい

ウロコや水垢汚れでお悩みの方に試していただきたい

ウロコ取り専用のクリーナーは多くの方が見たことがあるかもしれません。しかし、これで取りきれるのは主に「水性ウロコ」です。長年蓄積したウロコは、水や泥、油分が混じり合っているため、水垢専用クリーナーでは効果が薄い場合があります。普段のウォッシャー液を使っていると、次第にワイパー周りがウロコだらけになることもあります。

ウロコや水垢汚れでお悩みの方に試していただきたい

ウロコ取り専用のクリーナーは多くの方が見たことがあるかもしれません。しかし、これで取りきれるのは主に「水性ウロコ」です。長年蓄積したウロコは、水や泥、油分が混じり合っているため、水垢専用クリーナーでは効果が薄い場合があります。普段のウォッシャー液を使っていると、次第にワイパー周りがウロコだらけになることもあります。